利用規約

第1条 目的
この約款はハングルプレイが運営するURLGL以下「会社」という会社のサービスを利用する上で利用者の権利・義務及び責任事項を規定することを目的とします。
第2条定義
①「会社」とは、URLGL以下「会社」という会社のサービスを利用する上で、利用者の権利・義務および責任事項を規定することを目的とします。
第2条 定義が短縮URLサービスを利用者に提供するためにコンピュータ等情報通信設備を利用して購読を申請できるように設定した仮想の営業場をいい、併せてサイバー会社を運営する事業者の意味としても使用します。
②「利用者」とは、「会社」に接続し、この約款に従って「会社」が提供する会社を受ける会員および非会員をいいます。
③会員」とは、「会社」に個人情報を提供して会員登録をした者であり、「会社」の情報を継続的に提供され、「会社」が提供する会社を継続的に利用できる者をいいます。
④非会員」とは、会員に加入せずに「会社」が提供する会社を利用する者をいいます。
第3条 約款の明示と改正
①「会社」は、この約款の内容と相互、営業所所在地、代表者の氏名、事業者登録番号、連絡先電話、ファックス、電子メールアドレスなどなどを利用者が知ることができるようにURLGL初期画面前面に掲示します。
②「会社」は、約款の規制に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進等に関する法律、訪問販売等に関する法律、消費者保護法など関連法を違反しない範囲でこの約款を改正することができます。 。
③「会社」が約款を改正する場合には、適用日時及び改正理由を明示し、現行約款とともに会社の初期画面にその適用日の7日前から適用日の前日まで公知します。
④「会社」が約款を改正する場合には、その改正約款は、その適用日以降に締結される契約にのみ適用され、その以前にすでに締結された契約については、改正前の約款条項がそのまま適用されます。 ただし、既に契約を締結した利用者が改正約款条項の適用を受けることを希望する旨を第3項による改正約款の公知期間内に「会社」に送信して「会社」の同意を受けた場合には、改正約款条項が適用 になります。
⑤この約款で定めない事項及びこの約款の解釈に関しては、政府が制定した電子取引消費者保護指針及び関係法令又は相関例に従います。
第4条 会社のサービス
①「会社」は以下の業務を行います。
1. 短縮urlサービスの提供
2. 短縮urlサーバの管理
3. その他「会社」が定める業務
②「会社」は、サービスの技術的内容の変更等が必要な場合には、いつでもサービスを変更することができます。 この場合には、変更されたサービスの内容及び提供日を明示し、現在の7日前からお知らせします。
第5条 サービスの中断
①「会社」は、コンピュータ等情報通信設備の保守点検・交換及び故障、通信の断絶等の事由が発生した場合には、会社の提供を一時的に中断することができます。
②第1項による会社中断の場合には、「会社」は第8条に定める方法で利用者に通知します。
③「会社」は、第1項の事由で会社の提供が一時的に中断されることにより、利用者又は第3者が被った損害に対して賠償責任はなく、有料利用者の場合、期間延長等による補償を提供することができます。
第6条会員登録
① 利用者は、「会社」が定めた加入様式に従って会員情報を記入した後、この約款に同意するという意思表示をすることで会員登録を申請します。
②「会社」は、第1項のように会員として加入することを申請した利用者のうち、次の各号に該当しない限り会員として登録します。
1. 加入申請者がこの約款第7条第3項により以前に会員資格を喪失したことがある場合、ただし第7条第3項による会員資格喪失後3年が経過した者として「会社」の会員 再加入承諾を得た場合には例外とする。
2. 登録内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合
3. その他会員として登録することが「会社」の技術上著しく支障があると判断される場合
③会員登録契約の成立時期は、「会社」の承諾が会員に到達した時点とします。
④会員は、第15条第1項による登録事項に変更がある場合、直ちに電子メールその他の方法で「会社」に対してその変更事項を知らせなければなりません。
第7条 会員脱退及び資格喪失等
①会員は「会社」にいつでも脱退を要請することができ、「会社」は直ちに会員脱退を処理します。
②会員が次の各号の事由に該当する場合、「会社」は会員資格を制限及び停止させることができます。
1. 加入申請時に虚偽内容を登録した場合
他人の利用を妨げたり、その情報を盗用するなど電子取引秩序を脅かす場合
3. 「会社」を利用して法令とこの約款が禁止したり、公序良俗に反する行為をする場合
4. 無料サービスを利用する会員は個人で定め、会社、団体等対象でない場合、サービス利用に制限がある場合があります。
③「会社」が会員資格を制限・停止させた後、同じ行為が2回以上繰り返されたり、30日以内にその事由が是正されない場合、「会社」は会員資格を喪失させることができます。
④「会社」が会員資格を喪失させる場合には会員登録を抹消します。 この場合、会員にこれを通知し、会員登録抹消戦に召命する機会を付与します。
第8条 会員に対する通知
①「会社」が会員に対する通知をする場合、会員が「会社」に提出した電子メールアドレスにすることができます。
②「会社」は、不特定多数会員に対する通知の場合、1週間以上「会社」掲示板に掲示することで個別通知に代えることができます。
第9条 使用申請
「会社」の提供方法により使用を申請します。
1. 氏名、メールアドレス入力
2. 購読商品の選択またはエンタープライズ商品の選択
3. 決済方法の選択(カード決済、口座振替)
4. この約款に同意するという表示例、マウスクリック
第10条 契約の成立
①「会社」は、第9条のような購読申請に対して次の各号に該当しない限り承諾します。
1. 申請内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合
2. 過去短縮urlを使用して不法urlを生成した履歴が見つかった場合
3. その他の購読申請に承諾することが「会社」技術上著しく支障があると判断する場合
②「会社」の承諾が第12条第1項の受信確認通知形態で利用者に到達した時点で契約が成立したものとします。
第11条 決済方法
会社」で決済した商品に対する代金支払方法は、次の各号のいずれかにすることができます。
1. 口座振替
2..クレジットカード決済(トスペイメンツ)
第12条 CTAオーバーレイ機能を活用したメール発送料金
1. URLGLのメール送信機能は有料APIサービスを使用するため、多くの会員にCPA機能を活用して情報を収集する場合は別途課金されますので、会員は事前にURLGLにお知らせください。
2. 通知せずに多数の会員にこの機能を使用する場合、別途課金されます。
第13条 受信確認通知、購読申請の変更及び取り消し
①「会社」は、利用者の購読申請がある場合、利用者に受信確認通知をします。
② 受信確認通知を受けた利用者は、意思表示の不一致等がある場合には、受信確認通知を受けた後、直ちに購読申請の変更及び取り消しを要請することができます。
③「会社」は、利用者の購読申請変更及び取り消し要請があるときは、遅滞なくその要請に応じて処理します。
第14条承認
「会社」は、利用者が購読した商品について承認等を明示します。
第15条「サービス」の変更
①「会社」は、相当な理由がある場合に運営上、技術上の必要に応じて提供している全部または一部の「サービス」を変更することができます。
②「サービス」の内容、利用方法、利用時間について変更がある場合には、変更事由、変更されるサービスの内容及び提供日時等は、その変更前に当該サービス初期画面に掲示します。
③「会社」は、無料で提供される「サービス」の一部または全部を会社の政策および運営の必要上修正、中断、変更することができ、これに対して関連法に特別な規定がない限り、「会員」に別途の補償を しません。
第16条「サービス」に対する権利の帰属
①「サービス」の「URL」は「会社」に保管されます。 ただし、「会員」の掲示物及び提携契約により提供された著作物等は除きます。 本規約で明示的に定める場合を除き、「会員」は、「サービス」に対して法的に保護されている部分についていかなる権利も取得しないことに同意します。
②「会社」は、「サービス」に関連して「会員」に「会社」が定める利用条件によりアカウント、ID、「URL」等を利用できる利用権のみを付与し、「会員」はこれを譲渡、販売、 担保提供などの処分行為はできません。
③「会員」は、「サービス」やそれに含まれるソフトウェアや文書を変更、二次著作物作成、デコンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、または他の方法でソースコードを抽出しないことに同意します。
第17条 異常利用に対する制裁及び賠償請求
① 過度のトラフィックが発生したり、多重接続、短時間内接続アイピーが随時変更されるなど、異常なサービス利用で客観的に判断される場合
②「会社」アカウントを他人に共有する場合
③「会社」を通じて短縮URL生成時に元のリンクに移動されるダイレクトURLではなく、他のURLに移動させるURLを使用する場合
④ 確認できないウェブリンク、APPダウンロードリンクで使用する場合
⑤無料プランやメインページで同じリンクで短縮URLを繰り返し生成する場合
⑥未使用の短縮URLを生成した場合で30日以内にクリック数が0の場合
⑦ログインやパスワードの検索などの会員情報を収集するリンクに移動させるURLを使用する場合
⑧「サービス」を通じてギャンブル、大人サイトなどの違法サイト、または著作権のある音源、動画、ソフトウェアなどを違法に共有する場合
⑨リンクに移動された後、ページ内容に過度な紙幣画像、カカオトークチャットを要求する場合
⑩政治的な目的で活用する場合で、政府の誹謗や特定政党の誹謗および募金行為をする場合
第18条 責任制限
当社は、当社の過失によりサービスが中断され、皆様が損害を被る場合には、本規約及び関連法令に従い、皆様の損害を賠償いたします。 無料サービスを利用する会員は除外され、有料プランの期間延長を通じて補償します。
ただし、下記の損害については責任を負いません。 また、当社は、法的に許容される限度内で、財務的損害、間接損害、特別損害、結果的損害、懲戒的損害および懲罰的損害に対する責任を負いません。
①「会社」は、天災地変、ディドス(DDOS)攻撃、IDC障害、期間通信事業者の回線障害、「媒体」の障害またはこれに準ずる不可抗力により「会社」を提供できない場合、「会社」提供に に関する責任を負いません。
②「会社」は、「会員」の帰責事由による「会社」利用障害に対しては責任を負いません。
③第三者が違法に会社のサーバーに接続したり、サーバーを利用することにより発生する損害
④第三者が会社サーバーへの転送又は会社サーバーからの転送を妨害することにより発生する損害
⑤第三者が悪意のあるプログラムを転送または流布することにより生じる損害
⑥ 送信されたデータの省略、欠落、破壊等で発生した損害、名誉毀損等第三者がサービスを利用する過程で発生した損害
⑦ サーバー及びアプリケーションの点検と機能追加及び改善のためにホームページ及びサービスに接続できないことにより発生する損害
⑧ 会社」が提供する「サービス」の一部が「ベータ」で提供され、完全に動作しない場合があります。 これにより、「サービス」が提供されない場合には、「会社」の責任が免除されます。
第19条 利用者の義務
利用者は、第18条の内容に備えて以下の項目を遵守しなければなりません。
① 作成したリンクは個別に作成して保管したり、エクスポート機能を活用して作業が終わるたびに個人パソコンやストレージ装置に保管しなければなりません。
②会社ではデータを毎日バックアップしていますが、万が一の事態に備えて利用者も備えなければなりません。
第20条 決済取消及び払い戻し
①購入した商品はいつでもキャンセルと返金が可能で、キャンセルした直後にサービスが無料でダウングレードされます。
②サービスを利用していない場合、7日以内に100%の払い戻しが可能で、7日以降は決済を取り消すことができません。
③未成年者が他人のアカウントを利用して決済した場合、返金にはなりません。
④ 支給される口座は決済者の氏名と預金主義名が同じ本人口座でなければなりません。
⑤ イベント商品で割引を受けた場合、キャンセルおよび払い戻しはできません。
⑥ URLGLはいつでも短縮URLサービスの提供を中止することができ、本規約を違反する会員も停止させることができます。
⑦ ブランディングネームで単独で構築する場合、当月の料金は解約されず、翌月から解約することができます。

施行日:2023年10月20日